2018年1月16日火曜日

安保、憲法が判断基準:民進、希望、立憲、支持政党はどこか

判断基準は安保体制、憲法改正の是非になるが、党内の反対意見も押し切って民進と希望が統一会派をつくり立憲統一会派を上回る野党第一会派になったという。背景には支持団体の連合の意向が働いていると言うが一般の国民は反自民として民主、希望、立憲のどの政党を選べば良いのか。

立憲は憲法改正に慎重で統一会派入りは難しいが、それに民進党から希望へ移るときの「排除」も頭にあるのではないか。今統一となると党の存在意義が疑われ国民の信を失うことになる。

何故急ぐのか知らないが、希望、民進共にスッキリしない点がある。統一会派と言っても薄氷を踏んでいることで新党、分党案も既に出て来ていると言うから野党再々編は危うい。

新聞によると各党の勢力分布は希望の党は衆院51人、参院3人、民進党は衆院14人、参院47人、立憲は衆院54人、参院1人だ。取り敢えずは参院選で国民の審判を受けたらどうか。民進の47人がどう色分けされるか。また、希望、立憲も候補者を増やして戦うだろう。

それぞれの候補者が憲法改正、安保法制の是非をめぐって戦えば良い。


そしてどんな色分けが出来るか。それからだ。

2018年1月15日月曜日

金正恩委員長の真意?:平昌五輪にモランボン楽団では政治色が濃い?

何処まで金正恩委員長に振り回されているのか。平昌五輪に南北統一チーム
構想を打ち出し南にエールを送っているかのように見えるが、背景にモランボン楽団の公演も検討されていることを考えると政治色の臭いがきつい。

韓国の文・大統領は歓迎するようだが、スポーツに政治が絡んで良いのか。おまけに費用だって韓国丸抱えともなるとオリンピック憲章にも違反する。

当初、金委員長のエールを南北融和政策と思っていたかも知れないが、米韓分断の作戦に出た。北は安保理決議、経済制裁などで国内はピンチだ。南は融和政策に出ている。同胞を援助したいのだろう。

文・大統領は南北閣僚級会談で核ミサイル問題に取り組むと言ったために会談がこじれた。

それじゃダメと思ったのか、モランボン楽団の公演の話が出て来たらしい。先に中国でドタキャンした事例があるから今度は本気らしい。芸術団がオリンピックを応援すると試合会場はうるさくなり競技に支障を来す。

思いがけない南北融和にトランプ大統領も様子見か。しばらく軍事行動を控えると言うがオリンピックが終われば元の木阿弥だ。

中国も石油禁輸など経済制裁の完全実行を要求されているし、日本もトランプ大統領と制裁強化の道を進み今、外遊中である。しかしトランプ大統領の今後が読めず日本だけが孤立する危険もある。

今日の夕方のニュースでは南北閣僚会議と言っても北のペースで進んでいるようだ。思うように行かなくなるとスネて自分のペースを取り戻す子供じみた北の外交にはへいこらさせられる。

彼らが願っているのは、金体制を維持し、核ミサイル開発を認め核保有国としてアメリカが認めることか。そして必要な経済援助を約束させることだ。自分勝手で自ら譲歩することはない。


専門家は今の北朝鮮は、昔は工業国で豊かな国だったというが、その面影はない。

2018年1月14日日曜日

「タマゴかけご飯」が食べたい!

「タマゴかけご飯」ってそんなに美味しい物か。上海に住んでいる娘と孫達が一時帰国で羽田国際線の到着ゲートを出てくると直ぐにうどん屋で「タマゴかけご飯」を注文する。「これが食べたかったのだ」と夢中で頬張る。出国するときも昼ご飯に「タマゴかけご飯」を注文し食べる。

こんな物、家でご飯を炊いて、タマゴを買ってきて食べれば良いじゃないか。どうして出来ないのだと聞くと、食材に良いのがないのだという。

そんな時、テレビの海外ロケでアイスランドをレポしていた黒木瞳さんがレポの途中で「タマゴかけご飯が食べたい」と言い出した。

外国に住んだり、海外へ出張している人は何故か「タマゴかけご飯」を欲しがるのだ。

家内が昼ご飯に「タマゴかける?」と聞くが「いいや」と答えた。


でも、タマゴかけご飯には何やら魅力がありそうだ。

2018年1月12日金曜日

国会改革:安倍総理が国会出席を嫌がっているだけでは

自民党は国会改革を急ぐと言うが、安倍総理が嫌なことばかり質問されるので国会出席を嫌がっているのではないか。そして今後は厳しい政策論争が予想され答弁に窮すれば政権は持たないことぐらい誰だって分かっている。

考えようによっては国民の知る権利を制限するものであり批判されるのではないか。

新聞報道によると、党首討論は一回も開かれなかったが、安倍総理の国会出席は112回、370時間で英国の46回、50時間と較べても多すぎ、外交に支障を来すし総理の負担が大きいと言うのだ。

質問時間も与党の時間を増やし、野党の質問を減らす手にでた。ヨイショ質問を増やし、厳しい追及を避けようとしている。

でも野党の質問が続くのは安倍総理の答弁が的を得ていないから納得できずにダラダラ続いているのではないか。出席時間の中で安倍総理の答弁はどの程度の時間だったのか。

改善すべき点はある。

野党議員が総理の出席を要求しているから出席しなければならないのだろうが、各野党の質問者が同じ質問を繰り返すのではなく、調整して集中的に質問できないのか。たとえば森友、加計学園疑惑では皆同じ質問をしており、NHKの国会中継を聞いていてもうんざりする。

野党の追及効率が悪い。

そして質問も独自に調べた資料に基づくのではなく、週刊誌や新聞で報道された内容の繰り返しだ。そういう質問は避けようと決まっていたようだが、取材源がなく困るだろう。

昔は社会党に爆弾男という議員がいて恐れられていたが、最後は隠しカメラでやらせのようなことをやって失脚した。

そして、与党の「ヨイショ」質問は総理にとっては耳触りが良いが、内容がない。議席数が多いのだから総理を応援している事になる。

これからは厳しい政策論争が続く。憲法改正、アベノミクスの是非、中国、北朝鮮問題、対米追随外交の是非、2%物価目標、脱デフレそして夫婦で悪巧みをしている森友、加計学園疑惑など安倍総理にとってはまずい問題ばかりだ。

チョットでも対応を間違えれば政権は倒れる。国会に出たくないのだろう。


そうであれば自ら総理を辞任したらどうか。安倍さんが総理でなくても良いのだ。多くの国民はそう考えている。

2018年1月11日木曜日

経済界はどう言う日本社会を構築したいのか

「おねだり」ばかりの経済総本山 経団連
経団連など経済界や企業家はどんな日本社会を構築しようとしているのか。若い良質な労働力の再生産出来ることは日本の将来、強いては日本企業の存在に大きな影響を与えると考えるが企業経営者の自覚が足りないのではないか。

本当に望んで良いのか分からないが2%物価目標は未達、市場にジャブジャブおカネを流すが一向に上がらない。達成期間を6回も先送る。

経済指標は大きく改善している。株価は23000円台から27000円台を目指すと専門家は強気の見方だ。為替も113円台、企業はパットしない国内需要を尻目に海外投資、海外市場頼みで内部留保は400兆円を越える。

でも景気の実感が湧かない。企業の儲けを家計へ再分配出来ていないのだ。大企業は法人税下げなどでかなりの税制上の優遇を受けているが人件費、賃上げには「将来が不透明」という理由で再分配を渋る。「おねだり経済界」だ。

経済財政諮問会議では麻生財務相が企業の内部留保を問題にし、吐かせようとしている。「財政出動より民間出動を」と訴えていた。

消費が上向かない要因に家計でも社会保障費など増税があり可処分所得が低くなっている。アベノミクスの推進もあって安倍総理は「経済界に賃上げ」を要求、日銀・黒田総裁も官製賃上げに期待する。

榊原・経団連会長は政権の要望に応えて「3%賃上げ」を参加企業に訴えている。

安倍政権は、アメとムチで強要している。3%賃上げを実施した企業には税制上の優遇策を適用するが、実施できなかった企業には優遇策を適用しないと言いだした。でも賃上げは各経営者の判断だ。一様には行かない。

今度、経団連会長が替わる。問題は政権とどう距離をとるかだ。

経団連は日本社会をどう築こうとしているのか。日本企業存続の基盤が日本社会だ。海外市場頼みと言っても本社は日本にあるし、日本での労働力確保が容易でなければ存続も怪しくなる。
日立製作所会長の中西さんが次期経団連会長に就任するという。新聞報道では「日本経済は20年の停滞からやっと動き始めた。これを動かせるなら面白い」と言い「政権には言いたいことをはっきり言っていく」という。

何のことはない経済界を代表して「おねだり」を続けていくのか。日本国民に向かって「どういう日本社会を構築したいか」を問いかけたらどうなのか。


日本社会を復活させるには日本式経営が大事だ。

2018年1月9日火曜日

AIとは:所詮は人間が作り、人間が利用する、人間の仕事を支援するだけ

最近の新聞にはAI(人工知能)の進化と用途が広がっているニュースが目立ち、うっかりすると人間の仕事を取り上げスキルの低い私たち人間にとっては脅威になるという。しかし、所詮は人間が作り、人間が利用する物、人間の仕事を支援するだけだ。AIでAIを作って行くなど出来ない。

一時問題になったのが株の売買にAIが利用され各社が売買の条件をプログラムしたシステムを提供しているために瞬時に大量の株の売買が成立し大きく株価の変動を来すことで問題になった事がある。市場の経済情報が変わった瞬間にAIが判断し投資家が売り、買いの行動する。

以前は、株の変動があった時でも投資家は企業を育てると言う意味合いが有りすぐには売買に参加せず大きな変動はなかった。最後は投資家が判断していたのだ。人間の判断が加わって安定した株取引が出来たのだ。

今は、60%が海外投資家で欧米の経済情報が瞬時に影響する。要は儲けを最大限にできれば良いのだ。安く買って高く売る。

ところが今では、事務処理、生産、商品開発、需給動向、医療、高速交通機関など広い分野でAIが活用されている。多数の通行人から特定の人間を追跡することも出来るし、瞬間の異常行動から犯罪を見つけ出すことも出来る。

要は、人間の判断条件、判断結果などルールか決まっているものはAIによる自動化が可能なのだ。だからそういったルール化、ルーチン作業になっている部分は大いに活用できる。

異常の処置など人間がうっかりすると見逃してしまうことも人間に警告してくれる。

でも大変な事もある。AIに任せっきりにしていると緊急事態が発生したときに人間が自分で処理することが出来ない事例も出てくるはずだ。今までも停電時にどうなったか考えてみよう。

西日本JRで新幹線が重大な異常が発生しているのに走行を続け、あわや重大事故を起こすところだった事案が発生した。後の検証で列車を止めて点検すべきだったという。新聞によると運転員、保安員、運転司令員などの判断が良かったか、そしてJR西日本からJR東海に運転担当が移ったという長距離運転の安全管理が問題になった。

それぞれの担当者がその時点で判断して運転継続、途中駅で運転打ち切りの判断をしたのだろうが、そこに問題があった。

これなどはAIで厳密にルールを決めプログラムしていれば異常が分かったときに即運転中止になったはずだ。

勿論、異常状況から原因、対策がしっかりしていれば話だ。「即、運転停止だった」と言うのであればそのようなアルゴリズムが出来ていないと役に立たない。

AIってそういうものだ。人間がどう判断するか、判断すべきだったのか。最後は人間の仕事だ。


関連記事
2018.1.1掲載
2018年には新しい理論「テクノ社会主義」が台頭し始めるか

2018年1月8日月曜日

今日の新聞を読んで(131):東京五輪は持続可能なものなのか

新国立競技場建設現場 2017.11.26
東京五輪が「持続可能な開発目標」を目指すというが温室効果ガス削減、水産資源の回復、森林減少阻止などその適用が曖昧で最高の大会とは言えないようだ。

先日、外苑の銀杏並木を見学したときに新国立競技場の建設現場を見てきた。大成建設の工事現場で高い囲み塀の隙間から中の様子を見てみた。「軒の庇」や「屋根集成材」には国産材を使用すると言うがまだそこまで入っていない。ところがコンクリート型枠は外国産の合板を使っているがこれが熱帯雨林乱伐の問題を起こし調達基準に違反するというのだ。

新聞報道では、持続可能性への認識が乏しい日本では、現実とかけ離れた理想で目標を作っても計画倒れになるという。組織委がオリンピックを招致したいために目標を飲んだのではないか。

決して模範になる大会にはなりそうにないが、それでも開催する意義があるのか。

巨額な開催資金はIOCが削減要求をしている。小池都知事も巨額費用に楔を打ち込んだが腰折れの結果で税金の無駄遣い、大会後の巨額な維持管理費は都の財政を圧迫しそうだ。

それでも東京オリンピックを期待する。波及効果が大きいというがどういう効果が私たちに及んでくるのか。

全競技のアスリートが4年に一回開催都市に集まって競い合うアスリートの願望だろうが、どうして各競技毎に世界各都市に分散、実施し成績優秀者にはIOCからメダルを与える。そんな大会はダメなのか。

費用がかさむためにオリンピック開催を辞退したり候補地が名乗りを上げなくなってきた。危機を感じたIOCはパリとロサンゼルスの2大会を同時に承認した。

今までオリンピック招致で甘い汁を吸い続けたIOC貴族も金儲けのチャンスを失う決断をした。
日本でも招致に不明な資金が拠出されていることが海外の検察からニュースが流れた。関係者は否定するがどうなるか。長野の冬季五輪でも不明金の拠出が問題になったが資料がないと言うことでウヤムヤになった事例がある。

IOCでもJOCでも長い期間同じ人間が役職に就いている。公正、公明ではないのだ。それに政治家が絡んでくるから尚更複雑になる。

こんなオリンピックで何が新しい時代だ。